人間関係で大切にしたいこと。相手を理解せよ。

 

『正すより、理解せよ。

導くより、合わせろ。

魅せるより、観ろ。』

 

宇野ひろみ

 

 

 

うちのオーナーでもあり、

PCS(プロコミュニケーションスクール)

オリジネーターでもあり、1UNO塾の

塾頭でもある宇野の毎日届くメルマガの1つ。

 

 

ほんと、そうですよね〜!!

 

 

って、このメルマガをみた時に

叫びたくなった(笑)

 

 

 

6月の2週目くらいに、親が香川から大阪に来てて

めったと会わないのにケンカをしたんです。

はははははっ。

 

 

きっかけは、大したことないんやけど

毎回父親としゃべれる時は、正されている感じがあって

気持ちはわかるけど、その日は流せなかったのです(TдT)

 

 

とはいえ、これは日常茶飯事で誰でもやってること

だなーと思うんですよね〜。

 

 

相手のためを思って、相手を正そうとする。

 

 

でも、ちょっと待って。その前に、相手を理解するのが

先だと思いませぬか??

 

 

 

正そうとする気持ちが、先走ってしまって

相手がどうしてそうしたかを知らずに話してるとかね。

もしくは、きっと◯◯に決まってる!という前提から

話し始めたり(笑)

 

 

 

人間関係、よくなるどころか悪化する一方なのでは?!

そして、まず相手を理解することで、あなたの伝えようとすることや

気持ちが伝わるんだけどね。

 

 

 

このケンカをきっかけに、相手のために正そうとすることが

相手のためになるわけじゃないと心に刻みましたよ(TдT)

 

 

では〜。

 

 

宇野のメルマガ気になった方は、こちらからです*

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【いじめの耐え方&回避法|無料レポートプレゼント】

 

職場の人から、、、

いじめ、モラハラを受けている

無視をされている、陰口を言われている

仲間はずれにされている方のための

無料レポートこちらから^^

 

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です