無視・陰口、今いじめにあっていても、数年後にはあの時の出来事がよかったと思える

 

過去は自分の捉え方しだい、いかようにも変えることができるんだよ

というのは、きっとみんな聞いたことがあるかな。

 

 

例えば、私がいじめにあった経験を・・・

“あの時のいじめのせいで、今の私は他人とうまく接することができない”

と捉えることもできるし、

“あの時のいじめで、相手を理解することから始めようと思えた”

とも捉えることができる。それをどのように捉えるかは

自分で選ぶことができるってことだよね。

 

 

出だしから、そんなことを書いたのは・・・

 

 

昨日は、宇野ひろみの年末ワークショップ『資源の編集』の

アンコール開催の日だったんですね。

(私はこの会社のキャストなのです)

 

 

2019年の自分のアウトカム(目標)を達成するにあたり

最悪と思ってる出来事を、ユニークな出来事に編集し、

さらに、アウトカムを予定にするワークをみんなでやるんだけど

(説明になってない気が・・・w)

 

 

そのワークショップで、宇野が

 

「過去は変えられるよ。と言われても、今からそう思えるかっていったら

おもえない時だってあるじゃない。だったら、今じゃなくても、明日、

数ヶ月後、数年後のあなたが過去の出来事がよかったと思えるように

今からそう思う自分になっていったらいいじゃない。」

 

というようなことを言ってた。

 

 

 

 

私は、この言葉がとっても優しく感じたんだよ〜(。>﹏<。)

 

 

どんな素敵なアドバイスで、やったほうがいいと頭でわかっていることでも

今すぐできるかっていうとできない時だってあるもんね。

 

 

でも、過去の経験が今でも辛くても、これからの自分のために

今から始めれることはいっぱいあるんだぁ〜とシミジミ感じたんです。

 

 

 

今、これまでの人生がどうであれ、今からは誰でも

なりたい自分になれるし、望む人生を手にいれることができるんだよ。

 

 

ちゃんちゃん♪

 

 

 

PS>>

受講生のみなさまは、思い思いの過去から今までを編集され

終わる頃には表情がガラッと変わられていました^^

(そういう変化を感じられる場にいられることが嬉しい)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

脱いじめられっ子。

無視、仲間はずれなんて恐くないよ♡

◯いじめの耐え方&回避法◯

無料レポートを登録してくださった方にお渡し中。

こちらから^^

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です