【職場いじめ】訴えても、何も変わらない。どうしたらいいの?!そんな時の解決策

 

こんばんは。

職場いじめ(モラハラ)にあっている女性の味方

おざきくみです。

 

 

今日は、というか昨日の夕方から

モヤモヤ・ハラハラしていました(汗)

 

 

仕事のひとつ、“高齢者向けのお弁当事業”で

昨日、毎日利用してくれている利用者さんの異変を察知し

関係機関に何度も連絡をし、その結果22時間後に

警察と担当者の方が訪問し、中で倒れているのを発見、

緊急搬送・・・という出来事がありました。

 

 

緊急時の対応に、22時間かかった経験がなかったので

倒れてるか、亡くなってるか、動きたいけど何もできない、

色々な気持ちから焦りましたね~!ほんとに(笑)

 

 

結果、生きてくれててよかった~!って思いましたけど。

 

 

状況がわかるまでの時間、どこの機関の誰が、

もっとこうすべきと思うことも簡単だし、

とはいえ、そのポジションに入れば規約とか、なんちゃらで

動けないこともあるんだろうとか色々考えた。

 

 

システムの問題点を感じたし、うちの店で何とかしたいと

どれだけ思っても、決定権を握る機関が動かないと

何もできないことを痛感した。

そして、勝手に無力さを感じ、やり場のない気持ちを

どうすることもできなく、ただ自分で消化するしかない状況に

勝手に涙がでてきた。

 

 

 

『これって、小・中学校で起こるいじめと似てる?』

 

 

子供や親がどんなに訴えても、学校は動かない。と感じる人も

今日の私のような気持ちを感じているんじゃないのかな?って。

 

 

その時、思いつく限りのことはやってると思った。

人を動かすことになるから、判断って難しいと思った。

 

 

だから、その都度、その都度、関係機関が動かないなら

同じ方法でやり続けるのではなく、別のやり方を取り入れて

解決の方向に動くしかないのか~?!と感じました。

 

 

そして、プロに聞くのが早いし、解決策が見つかりやすい!

今日、関係機関からの連絡が待ちきれず、信頼している別の方に

相談してみた。そしたら、『何度言っても、Aという機関がすぐに対応しない

なら、Bの機関に行って状況伝えて動いてもらうといい』と教えてくれました。

 

 

私は、そういう手があったんだ!と思ったんですよね。

 

 

『あの時、●●しておけばよかった』

『あの時、●●が、もっと●●してくれてさえいたら』

 

と起こったことに対して、あの時こうしていれば、

こんなことにはならなかったかもしれないという可能性に

目を向けてしまう。

 

 

そうすることで、自分の中の何かしらの気持ちを感じ、

消化したいことがあるのかもしれないですね。

でも、過去を悔やんでも、今は変わらないから

もどかしい気持ちを抱えたまま、今と未来に目を向ける

ことが大切なのかもしれない。

 

 

いじめ(モラハラ)にあっている方も、トラウマになっている方も

前へ進むことをあきらめないでほしいです。

必ず、解決策はありますから(^^)

 

 

ふぅ~。

これが、今日の私の着地点でした。

ありがとうございます^^

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

●いじめの耐え方&回避法●

 

無料レポートをあなたのために一生懸命書いてみました。

耐え方と聞くと、我慢することを連想される方もいらっしゃる

かもしれないですが、違います!!むしろ、我慢しなくなる

どころか、気にならなくなる自分になることを意図しています。

 

 

今日書いた、モラハラ女に何か言われても、自分の意見を

言える自分になれます^^ 登録はこちらから。

 

 

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です